ましろ*まくろ

頭まっしろ腹まっくろな人の、日々の雑記とフレグランスの話。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
彼氏からいただいた指輪を無くした。
しかも下さった本人に指摘されるまで気付きもせず。

血の気が全部引いて。
その後一気に血が流れ込むみたいにドクドクして。
内臓の位置移動してんじゃないかってぐらい胸部が圧迫されて。

リアリストの私が冷たく自分を罵る。

そんなに大切なもんなら、鍵かけてしまっときな!
そもそもなくした事も気付かないくせに
よくも大切だなんて言えたもんだな!



頭の中で一日の行動をぐわんぐわん巡らせても思い出せず、
どうしていいか分からなくてうろたえて・・・。
自分でも動揺するぐらい動揺した。(日本語変)
それと同時に、本当の本当に自分にとって大切なものだったのだ
と痛感した。
「彼氏からもらったから大切なの」
そんなぐらいの大切さだと自分自身が高をくくっていた。
でも無くしたんだって認識した瞬間、
「彼に申し訳ない」って思うより強く「私が困る!」って思った。


物で繋がっていたいと依存するような人種じゃなかったのに。
自分で考えているより彼の存在が自分の心の中を占めているのか?

結局指輪は見つかったのだが、いろいろ考えさせられる事件だった。
モノに込めた気持ち・・・。モノが持ちうるモノ以上の価値・・・。
失って初めて大切さに気付くって種類のヤツを、
結果失わずに気付けたのだから教訓とすべきだな。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://masromacro.blog15.fc2.com/tb.php/20-d8632785